まこでんEXPRESS
まこでん管理人@世田谷の電装店がちょっと得する情報をみなさんへお届けします!!
PROFILE
まこでん管理人
  • Author:まこでん管理人
  • まこでんEXPRESSへようこそ!
    当店は、関東運輸局の指定認証工場です。
    このブログでは、くるまの電気まわり
    に関する新着情報をどしどしお届けします。
    尚、リンクより当店の本館ウェブサイトへと
    ジャンプできますので、そちらも同時に
    ご覧下さい!
    http://www.makoden.com
  • RSS1.0

  • CALENDAR
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES
  • オリジン~カーナビゲーション取付編(09/24)
  • ハイゼットキャンパー~カーナビゲーション取付編(09/10)
  • アルファロメオ4C~バック、サイドカメラ取付編(08/11)
  • ランクルシグナス~フリップダウンモニター編(07/21)
  • アトレーワゴン~カーナビゲーション取付編(06/25)

  • RECENT COMMENTS
  • 管理人 (06/26)
  • 谷川 (06/25)
  • 管理人 (05/02)
  • じゃがりこ (05/01)
  • 管理人 (03/07)
  • 闇烏 (03/06)
  • 管理人 (02/04)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ヤフコメログ - Yahoo!ニュースコメント:DeNA中畑監督が原監督に謝罪(04/15)
  • アマゾン情報局:シトロエンC5のすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報/インポーテッドシリーズ vol.) |(12/09)
  • ニュース検索:アウディ、直噴ターボ搭載のハッチバック「A3 スポーツバック」(09/25)
  • ニュースヘッドライン:アウディ、馬力アップしたトップモデル「TTS クーペ」(09/02)
  • ブログニュース:アウディA8Lに特仕登場、専用リースプログラムも(08/30)

  • ARCHIVES
  • 2017年09月 (2)
  • 2017年08月 (1)
  • 2017年07月 (1)
  • 2017年06月 (4)
  • 2017年05月 (1)
  • 2017年04月 (7)
  • 2017年03月 (2)
  • 2017年02月 (2)
  • 2017年01月 (4)
  • 2016年12月 (2)
  • 2016年11月 (2)
  • 2016年10月 (2)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年08月 (4)
  • 2016年07月 (2)
  • 2016年06月 (3)
  • 2016年05月 (2)
  • 2016年04月 (2)
  • 2016年03月 (6)
  • 2016年02月 (2)
  • 2016年01月 (2)
  • 2015年12月 (3)
  • 2015年11月 (2)
  • 2015年10月 (3)
  • 2015年09月 (2)
  • 2015年08月 (2)
  • 2015年07月 (5)
  • 2015年06月 (5)
  • 2015年05月 (5)
  • 2015年04月 (3)
  • 2015年03月 (4)
  • 2015年02月 (2)
  • 2015年01月 (6)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (3)
  • 2014年10月 (5)
  • 2014年09月 (6)
  • 2014年08月 (7)
  • 2014年07月 (8)
  • 2014年06月 (6)
  • 2014年05月 (4)
  • 2014年04月 (3)
  • 2014年03月 (7)
  • 2014年02月 (6)
  • 2014年01月 (4)
  • 2013年12月 (5)
  • 2013年11月 (4)
  • 2013年10月 (7)
  • 2013年09月 (8)
  • 2013年08月 (10)
  • 2013年07月 (5)
  • 2013年06月 (3)
  • 2013年05月 (3)
  • 2013年04月 (4)
  • 2013年03月 (4)
  • 2013年02月 (1)
  • 2013年01月 (2)
  • 2012年12月 (1)
  • 2012年11月 (4)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (4)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (5)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年05月 (4)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年03月 (6)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (3)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年10月 (2)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (3)
  • 2011年07月 (1)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (1)
  • 2011年04月 (1)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (1)
  • 2010年12月 (3)
  • 2010年11月 (2)
  • 2010年10月 (3)
  • 2010年09月 (1)
  • 2010年08月 (3)
  • 2010年07月 (1)
  • 2010年06月 (5)
  • 2010年05月 (1)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (2)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (2)
  • 2009年10月 (2)
  • 2009年09月 (4)
  • 2009年08月 (1)
  • 2009年07月 (2)
  • 2009年06月 (1)
  • 2009年05月 (2)
  • 2009年04月 (6)
  • 2009年03月 (1)
  • 2009年02月 (2)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (2)
  • 2008年11月 (3)
  • 2008年10月 (2)
  • 2008年09月 (2)
  • 2008年08月 (3)
  • 2008年07月 (4)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (9)
  • 2008年04月 (3)
  • 2008年03月 (6)
  • 2008年02月 (3)
  • 2008年01月 (3)
  • 2007年12月 (7)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (12)
  • 2007年09月 (4)
  • 2007年08月 (1)
  • 2007年07月 (4)
  • 2007年06月 (7)
  • 2007年05月 (2)
  • 2007年04月 (6)
  • 2007年03月 (11)
  • 2007年02月 (10)
  • 2007年01月 (12)
  • 2006年12月 (12)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (7)
  • 2006年09月 (2)
  • 2006年08月 (3)
  • 2006年07月 (1)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年05月 (6)
  • 2006年03月 (4)
  • 2006年02月 (5)
  • 2006年01月 (4)
  • 2005年12月 (3)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年09月 (2)
  • 2005年08月 (5)
  • 2005年07月 (6)

  • CATEGORY
  • 未分類 (0)
  • カーナビ取付関連 (337)
  • カーオーディオ取付関連 (6)
  • ETC取付関連 (2)
  • 地デジチューナー取付関連 (7)
  • バックカメラ取付関連 (20)
  • カメラ取付関連 (18)
  • HID取付関連 (1)
  • レーダー取付関連 (3)
  • ドライブレコーダー取付関連 (2)
  • キャンペーン (6)
  • 展示品セール (6)
  • その他ニュース (77)
  • その他 (38)
  • エアコン修理関連 (2)
  • その他修理関連 (2)
  • 新商品発表会 (8)
  • 新製品のご案内 (1)
  • リアモニター取付編 (5)

  • LINKS
  • Studio Mac ON LINE2003
  • 闇夜の日記

  • SEARCH

    ジープチェロキー~カーナビゲーション取付編
    ジープチェロキーにカーナビゲーションを取付しました。
    機種はカロッツェリアのサイバーナビ「AVIC-VH9990」です。

    DSCF8203.jpg

    今回入庫したチェロキーはモニターの取付位置が若干下の方にあるので、エアコンの
    吹出口は隠れてしまいますがZHよりもモニター格納式のVHの方がおすすめでしょうか。

    DSCF8167.jpg
    <施工前>

    DSCF8189.jpg

    取付する場合には専用の取付キットが必要になります。キットは都度取寄せになりま
    すので取付の際は事前にご予約をいただきご来店いただけますようお願いいたします。

    DSCF8197.jpg

    今回はナビの他にオプションで「ND-ETC5」「ND-B6」「ND-BC100-2」なども一緒
    に取付、ご好評いただいておりますVICSビーコンキャッシュバックキャンペーン
    これからも引き続き継続の予定です。

    ご注文お待ちしております。

    ということで、今回も本題よりおまけが中心になりそう?いや完璧にそうなっている
    EXPO・・・今はちょっと休止中の組合青年部(まだまだ青年です)ではありますが、
    毎度の同じメンバーでの有志の集まりが昨年の12月に一年ぶりに開催されました。
    12月のネタを今頃??ということはおいとくとして、前回の神楽坂のもつ鍋についで
    今回いただいた料理は人生初の「味噌牛鍋」です。味噌牛鍋?味噌に牛鍋・・・?
    今までに食べたことがありそうでないような微妙な感じですが、味噌牛鍋の歴史は
    けっこう古いらしく、文明開化といわれた明治時代頃からあるそうで、簡単にいうと
    今のすき焼きを味噌仕立てにしたようなもんですが、そういった伝統のある料理を
    レトロなお店の雰囲気の中でいただけるということで、あまり他店ではお目にかかれ
    ない「味噌牛鍋」・・・今さらではありますが、とても印象に残っているお店だったので
    少しだけ紹介しておくことにしますね。

    今回伺ったお店は西新宿のかつて花街だった十二社の奥座敷「たくあん牡丹亭」
    です。外見はどこにでもあるような普通の店構え(ちょっとしたステーキハウスのよ
    うな感じ)ですが、店内はHPに書いてあったようなどことなく古き幕末時代を感じさ
    せてくれるような店作りで他店にないちょっとない独特な感じでしょうか。

    DSCF7967.jpg

    今回案内された部屋は入ってすぐ右手にある掘り炬燵のあるVIPルーム「牡丹の間」、
    画像をみてもなんとなく昔の時代という感じがするでしょ。壁や襖には日本画などが
    描かれていて、江戸時代頃のいろんな調度品なども並んでいてオリエンタルムード
    たっぷり・・・こんな趣のある雰囲気の中でA5ランクの黒毛和牛を伝統ある味噌牛鍋
    でいただいたら否が応でも気持ちは盛り上がってきますね(^^)

    DSCF7973.jpg

    ビールは通常のスーパードライとかもあったけど、せっかくなのでおすすめのビールを
    飲むことに・・・一杯目はドイツから直輸入したという陶器ジョッキでいただく麦芽100%の
    ドイツの生ビール「レーベンブロイドラフト」、二杯目は英国伝統方式による高温上面発酵
    生ビール?(よくわかりませんがメニューにこう書いてありました)「バスペールエール」を
    飲みましたが、「レーベンブロイドラフト」などは泡がきめ細かくドイツビールにしては意外
    とライトで気持ちまろやかさがあって口当たりよくとても飲みやすいビール・・・ちなみに
    このお店の女将さんは昔ドイツのホテルで働いていたこともあるという列記としたソムリエ
    だそうでこちらのつまらないギャグにもうまく対応してくれるとても気さくなお女将さんでした。

    DSCF7981.jpg

    うちらがいただいたのは「特選味噌牛鍋コース」(A5黒毛和牛9,800円)のコースもんですが、
    メインの味噌牛鍋の前の季節の前菜盛合せについで出てきた鮮魚の一皿はネタについては
    どこにでもあるような普通のお刺身ですが、それぞれを刺身醤油ではなく生たまご(つけ皿左
    側)やしょう油にねりからし(つけ皿中央)、塩(つけ皿右側)などにつけて食べるのがちょっと
    変わった感じで、いつもとまた違った食感でなるほどこんな食べ方もあるんだなあという感じ
    です。(お刺身に生たまご・・・お刺身が甘くいただけますので、ぜひ一度試してみて下さい)

    DSCF7988.jpg

    そしてそしてこれがお待ちかねのメインの味噌牛鍋です。
    こんな感じです。えらい濃いでしょ。見た目濃そうですが味もしっかり濃いです(笑)
    牛肉はA5ランクの黒毛和牛だけあって当然ながらまいうーですが、A5の黒毛にこれだけ
    のたっぷり味噌ということでカロリーは完全にK点超えといったところでしょうか。
    大きさはスーパーで売っている冷凍のサイコロステーキを一回りほど大きくした感じで、
    厚切りで食べ応え充分・・・想像していた以上の味の濃さではありましたが、秘伝の味噌
    ダレもよく肉にからんで期待通りの美味しさに充分満足といった感じです。
    一応作っているところから味噌を入れるところまでですが少しだけですが動画でとって
    ありますので味噌牛鍋の正体がどんなものか・・・ひまな人はちょっとみてみて下さい。


    肉は焼きながら一個づつ丁寧にひっくり返すのがみそです♪


    味噌牛鍋でだれがどうみたって味噌なのに「これ味噌ですか?」って言ってるのが私です。

    <寸評>★★★★☆

    作り方は動画にあったように鉄鍋で角切り肉と長ねぎを軽く焼き、そこに濃厚な味噌だれを
    たっぷり入れて、だし汁のようなもので少し水分を補充した後、焼き豆腐、しいたけ、えのき、
    春菊と順番に入れかき混ぜて出来上がり。どこにでもあるような普通のすき焼きの具に普通
    に味噌ダレを入れるだけのシンプルな作り方ではありますが、見てのとおり肉汁の一滴すら
    も見えないくらい味も見た目もがひたすら濃いのが特徴・・・昔の人はこんな濃い味で牛肉を
    食べていたのかと思ってしまうほどですが、牛肉はA5ランクの黒毛和牛ということで味噌に
    からめてもとてもジューシーでおいしく食べれるわけですが、まあしいて言わさせてもらえば
    本来の牛肉の旨みが若干半減してしまっているところは少々マイナスな点・・・これだけ味が
    濃いのであればこんな高い肉を使わなくてもいいんじゃないかなといったところでしょうか。

    ちなみに同席した某お方「昔は今のようないい肉がなかった時代で、牛肉特有のにおいを
    消すためにも濃厚な味噌だれは必要だったんだよ」と話しをされていましたが、昔はこんな
    高級な牛肉などはあまり存在しなかったようです。
    食べ方としては今のすき焼きを食べるときと同じように生卵をつけて食べる感じですが、
    味はかなり濃いですが生卵をつけないでそのまま味噌だれのままいただくのも赤だしや
    味噌カツ、味噌煮込みうどんなんかが大好きな私のような味噌好き&薄味反対派の人達
    にはおすすめな食べ方かもしれませんね。



    ちなみに今回のコースは3時間の長丁場でしたが宴会の途中にはこんな感じで女将さん
    自らが三味線を弾いて小唄、落語をきかせてくれる時間があります。これは女将さんの
    趣味とのことですが、これだけの料理(この後ご飯、汁椀、漬物、果物デザート等が出て
    きます)をいただき、本場のドイツビールまで飲めてこのような楽しい余興までありーので、
    都会でありながらどこか温泉旅館にでも来たかのような気分になれたりと、この値段で
    この内容はとても満足できるコースといえるのではないでしょうか。
    HPで書いてあったような文明開化の味とは味噌牛鍋だけをたんたんと食べるのではなく、
    このような古き昔を思い出さしてくれる部屋、雰囲気の中で食べてこそ感じられる味である
    こと、そしてここまで幕末の頃の雰囲気を料理とともに再現させてくれたお女将さんに一本
    ・・・ほんの短い時間ではありましたが少しだけ昔の時代を省みることができ、そして感じさ
    せてくれた一瞬でもあったような気がします。

    料理だけでないいろんな楽しみ方がたくさんあるのがのこの「たくあん牡丹亭」のいいところ。
    もし行く場合には事前に「牡丹の間」(6人がちょうどです)を予約して行くのがいいでしょう。

    4アンテナ×4チューナーの安い地デジチューナーをお探しならコレがおすすめです。
    私も含め地デジ化のまだ済んでいないお客様・・・ご用命お待ちしておます。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    まこでん管理人

    スポンサーサイト

    【2011/03/10 21:35】 カーナビ取付関連 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://makoden.blog16.fc2.com/tb.php/268-865aca5f